ブログ|球磨メダカ牧場

トップスライダーのマスク
オフィシャルブログ

メダカの屋内(室内)水槽での飼い方、立ち上げ方




メダカが流行りだしてきて、水槽でも飼ってみたい!という方も増えてきていて凄く嬉しい反面、ポツポツ死んでいってしまう…。なぜか元気がない…なんていう話をよく耳にします。

屋外でやっていると意外と簡単に飼う事のできるメダカですが水槽の場合、なかなか飼うにしても育たないケースががよくあります。

今回は屋内や室内でも繁殖までできる。メダカの屋内飼育のコツをアクアリウム歴14年の僕が解説していきます。

続きを読む

メダカの産卵床、100均など自作や市販まとめ




メダカの産卵床には様々なものがあります。シュロ、スポンジ、水草、毛糸など考えるだけでも色々なものがありますよね?
どれを使ったらいいのか悩んでいる方も多いはず

どれが効率的によく卵をとることができたか。また、卵を一個づつ取る場合などはどの産卵床が見つけやすいか、取りやすいかなどを、アクアリウム歴14年の僕が実体験を踏まえて紹介していきます。

続きを読む

メダカのビオトープの立ち上げ、レイアウトの作り方




つい最近、ホームセンターなどで見かけるビオトープ、立ち上げるにあたり、水草はどの種類がいいのか、掃除の仕方など悩みがつきることはないでしょう。

そんなビオトープも作ってみると以外にも簡単にできてしまうもので、難しく考えるものではありません。

アクアリウム歴14年の僕がビオトープでの立ち上げ方、ビオトープとはなにか?を紹介していきます。

続きを読む

メダカとエビを一緒に混泳する飼い方




メダカを屋内で飼っていると、コケ対策でエビを飼いたくなってきますよね、だけどそのままエビを入れても、混泳や共存は可能なのだろうか?メダカの卵はエビに食べられたり逆に稚エビは食べられたりしないか?など色々な要因が考えられます。
しかし、安心してください!条件次第で、 エビの繁殖も行いますし、メダカも増えていくことが可能だと断言いたします。

アクアリウム歴14年の僕が、エビとめだかを一緒に飼うための水槽内の住み分けの仕方や卵の保護などを解説していきます。

続きを読む

メダカの冬越しの仕方、屋外対策




屋外でメダカを飼い初めての冬、越冬をする時に落ち葉を使ったほうがいいとか、発泡スチロールを使ったほうが良いとか色々な方法があります。

「このまま冬を迎えたら、メダカは死んでしまうんではないのだろうか」など心配はつきません。僕も初めての冬はとても心配で不安でした。ですが、すこしの知識と行動さえ起こせばメダカは来年もしっかりと繁殖をしてくれます。

僕がメダカの越冬をした時、落ち葉をなぜ使わなかったのか。凍ってしまうための対処法などポイントとなる抑えておきたいところ紹介していきます。

続きを読む

メダカの産卵回数、時期&条件とは




良いメダカを飼っていると自分で増やしてみたくなりますよね。しかし1匹のメダカから1年でどのくらいの卵が取れるか知っていますか?

メダカの個体差はありますが平均で週に3回から4回、栄養状態が良ければ毎日産卵することも可能です。

年間70回以上産卵することが可能で、一回で産む卵が10個から20個産み落とすので、一年間でメスが産み落とす卵の数は実に800個から1000個になります。

では産卵する時期があったりしない時があるのは何故でしょうか?

メダカの産む最適な条件などをアクアリウム歴14年の僕が説明していきます。

続きを読む

メダカの病気と治し方




メダカを飼っていると一度はかかってしまう病気、弱々しく動いていてどうにか治してあげたいですよね・・・

メダカの病気には白点病、尾ぐされ病、水カビ病、エロモナス病などの様々な種類があり、治療法は病気によって異なります。病名と症状を把握して治療や対策を用意しておくことで体の小さいメダカを死から守ることができます。一旦病気が発症すると、他のメダカ達も病気が発症するリスクがあがってくるので、水槽自体を薬浴しなくてはなりません

そのためには普段の環境を常に維持するということが一番大事になってきます。

続きを読む

メダカは屋外飼育と屋内飼育のメリットとデメリット




つい最近のメダカブームも受けて自分の家でもメダカを飼い始めたいと思う方は 年々増えているように感じます。

しばらくメダカを飼っていると屋外で飼った方ががいいのか?屋内で飼った方ががいいのか?と聞かれるようになりました。

そのため今回はメダカの屋内でのメリット、屋外でのメリットを詳しく紹介していきます。

続きを読む

メダカのオスとメスの見分け方




メダカを飼い始めると卵を産ませて繁殖したくなりますよね。

その時問題になるのがオスとメスの見分け方です。

適当に買ってきてしまうとオスばっかりだったりとかメスばっかりだったとかで、卵を産んでくれない状況に陥ってしまうこともあります。

そのためにもオスとメスを見分けられるようになり、しっかりと購入前に知っておくと繁殖させるためにも有効なので覚えておくことが大切です。

今回はメダカの体のつくりも含めて紹介していきたいと思います。

続きを読む

メダカの飼育にエアレーションはいるの?エアーポンプがいる環境とは




熱帯魚や金魚など飼っている人ではおなじみなエアレーションですが、果たしてメダカには必要なのでしょうか?これはやっている人によって意見が結構違ってくる問題です。

なぜこんなにも食い違ってくるのか順を追って説明していきたいと思います。

続きを読む