トップスライダーのマスク
オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: メダカの飼育

メダカのオスとメスの見分け方




メダカを飼い始めると卵を産ませて繁殖したくなりますよね。

その時問題になるのがオスとメスの見分け方です。

適当に買ってきてしまうとオスばっかりだったりとかメスばっかりだったとかで、卵を産んでくれない状況に陥ってしまうこともあります。

そのためにもオスとメスを見分けられるようになり、しっかりと購入前に知っておくと繁殖させるためにも有効なので覚えておくことが大切です。

今回はメダカの体のつくりも含めて紹介していきたいと思います。

続きを読む

メダカの飼育にエアレーションはいるの?エアーポンプがいる環境とは




熱帯魚や金魚など飼っている人ではおなじみなエアレーションですが、果たしてメダカには必要なのでしょうか?これはやっている人によって意見が結構違ってくる問題です。

なぜこんなにも食い違ってくるのか順を追って説明していきたいと思います。

続きを読む

メダカが死んでしまう方へ、よくある死因と死ぬ8つの原因




メダカを飼い始めてみたものの、買ってきたメダカを水槽や容器に入れて、そんなに日をおかずポツリポツリとメダカが死んでいってしまうことがあります。
もしくは一斉に死んだりしたこともあるかもしれません。今回はよくあるメダカの死因としんでしまう要因などを詳しく説明していきます。

続きを読む

メダカが30cm、60cm水槽や睡蓮鉢など何匹入るか?




メダカを飼い始めると、繁殖などをしてかなりの数が増えてくると思います。しかし増やしすぎてポツポツと死んでしまった・・・なんて話も少なくありません。

今回は睡蓮鉢や、水槽にメダカはどのくらい入るかという話をしていきます。

結論から言ってしまうと「1リットルに1匹」これ以上はやめておいた方が無難だということです。この限界に近づけば近づくほど繁殖は困難になることは間違いないので覚えておきましょう。

では、繁殖する適した数は?などの解説をしていきます。

続きを読む

メダカの赤玉土の使い方、掃除や交換、熱湯かけるの?




「メダカを飼う時に赤玉土を使うといいよ!」という話を聞いた事がありますでしょうか?
初めて飼う人にとっては何故と思うことでしょう。
使うにしても掃除や交換はどうしたらいいのか?など謎な事が多い部分もあると思います。

しかし、赤玉土には色々なメリットがあります。赤玉土の浄水能力があることや、そのことにより生存率迄変わってくるものです。
その、赤玉土の良さをアクアリウム歴14年の僕が存分に紹介させていただきます。

続きを読む

グリーンウォーターの作り方




メダカの飼育をやっているとグリーンウォーターという言葉をよく聞きます。

グリーンウォーターって何だろうと思った方もいませんでしょうか?このグリーンウォーターの正体は植物性プランクトンなんです。

じゃあどうやって作るの?どうやったら元に戻るの?という方に詳しく話していきたいと思います!

それとグリーンウォーターを使うにあたって注意するべき点もあるのでよく見て使ってください。

続きを読む

メダカの稚魚の成長ごとの育て方




メダカの産卵に成功して、いざ卵が孵化したら、沢山の稚魚が生まれます。しかし気づいたら殆どいなくなっていて死んでしまっているなんて経験も少なくないでしょう。

メダカの稚魚は、孵化後の餌のあげ方次第で生存率や大きくなるスピード、生存率ですら全然変わってきます。

結論から言ってしまうと、メダカの稚魚が死ぬ原因は餓死、成長に欠かせないのは餌の供給量と、水中の酸素量と容器の大きさといえます。

今回はその稚魚の生存率と成長について詳しく紹介していきます。

続きを読む

メダカの寿命、屋外の天敵による死因と対策




大事に育ててたメダカにも最後はやってきます。メダカの寿命ってどのくらいだろう?なんて思うことがあるでしょう。痩せてきたり突然死などが起こると心配でたまらなくなると思います。

結論から言ってしまうとメダカの寿命は一年といわれています。ただし、これは野生での環境下での平均的な寿命になります。

自分でメダカを飼っていると分かるのですが、うちのメダカは 3年以上生きているのも多数存在します。つい最近飼っていた結果の中で言えば4、5年ぐらいが限界でないでしょうか、5年もたっているメダカはその冬や夏を越せません。

ではなぜそこまで寿命を延ばせるのかアクアリウム歴14年目の僕が寿命を延ばす方法や寿命以上に危険な天敵などの解説をしていきます。

続きを読む

メダカの屋外での飼い方、飼育方法




メダカの飼い方は屋内と屋外での飼育方法が違うのはご存知でしょうか?

そして繁殖や飼う上でメダカは屋外での飼育が適している種類です。そこで今回は屋外での飼い方を説明していきます。

室内での飼い方はこちらの「メダカの水槽での飼い方」を参考にしてください。

メダカいいところは日本の気候に合っているので、外に出していても普通に大丈夫だということです。

つい最近色々な品種が増え日々品種改良をされ、どんどん新しい種類が増えてきています。

ラメ色に光るめだかや、まるで錦鯉のような三色メダカ、緑色の緑光メダカ、まるでヘラブナのような体が平べったいダルマメダカなど様々な種類が日々生まれてきています。

一度買うと色々な種類に目がいってしまいがちですが まずはしっかり勉強して繁殖できるようになるまで頑張ってみましょう!

続きを読む